万里の長城マラソン2017(変態の祭典スタート!)

前日の地獄のような観光の翌日
 

北京旅行記(レース前日、調整大失敗!!)

 

朝4時起床

 

足と腰の疲れが半端ない (;´ρ`)

 

トレイルレースとほぼ同じレース展開になるので

 

レース用のリュックを買いました。

 

今年の神戸マラソンの練習にも活用したいのでノースフェースのええやつを。

 

 

・コンビニで買ったバナナ2本

 

・ウィダーインゼリー4本

 

・カロリーメイト

 

・去年、神戸マラソンのレースで食べきれなかったサプリメント

 

・ペットボトル2本

 

・GATSBY(顔拭き用)

 

を詰め込みました。(結果、食べ物は全部レース中に食べちゃいました・・・)

 

集合場所のホテルへ。

 

 

万里の長城をわざわざ走ろうとする変態な人たちがロビーに集結してました。

 

西洋人が半分ぐらいいて、アジア系(日中韓)で残り半分ぐらいでしょうか。

 

 

早速バスに乗り込みます。

 

 

ここからバスで2時間、郊外へ行きます。

 

下の写真の左上の八達嶺長城というところです。

 

 

八達嶺長城は観光地で有名な場所ですが、

 

そのなかでも観光客が少ない場所を私たちは走ったようです。

 

徐々に都会から郊外へ

 

 

まだまだ建設現場が多い北京。成長力を感じます。

 

 

山が多くなり、万里の長城がちらほら見えはじめます。

 

 

現地に到着しました、すごい歓迎ムード!

 

 

天気は良好です。各々のバスに乗り込んだ参加者達は

 

入口前に再度集合します。

 

 

 

山沿いに沿って見える、長城。あれを走るんか。。。

 

 

僕も走る準備をします。

 

リュックを背負うだけだとトレイルランナーらしくないので

 

大学の同期がつくってくれた、チーム名が入ったサンバイザー(確かゴルフ用)と

 

息子の部屋からパチってきたサングラス。

 

サングラスはもちろん飾りです、一度もかけませんでした、笑。

 

 

これでとりあえず「らしく」なった。

 

各自準備を終え、参加者が集まってきました。

 

 

そして、ドローンも。(初めて生で見ました)

 

 

レースの説明があり、お決まりの歓迎ショータイム。

 

まず先陣を切ってプロのダンサーによるモンゴルダンスを披露。

 

 

 

 

みなさん、レース前のストレッチはそっちのけでショーを鑑賞

 

 

次は地元の大学生による、ダンスショー

 

 

中国のダンスかと思いきや、思い切りポップな感じでした。。。

 

けど、セクシーやから誰も文句は言いません。

 

 

うん?

 

 

男がおるやんけ!

 

 

女性役としての男性なのか、男性役として演じていたのか

 

そもそも男性なのか。。。

 

だめだ、レースに集中できない!

 

ショーが終わるとすぐにレース開始です。

 

 

ちなみに、コースはこんな感じになっています。

 

レースの制限時間は10時間

 

コースは5キロ、10キロ、ハーフ、フルに分かれており

 

ハーフ:マラソン完走経験がある

 

フル:マラソン4時間以内で完走

 

が参加する目安です。

 

しかもフルでの完走率が20%と前日の懇親会で聞かされ

 

レースの過酷さを改めて認識したとともに、謙虚にハーフ出場でよかったなと・・・

 

こちらがレースのコースです。片道が7キロのコースを使います。

 

 

写真でいうと右上から左下に走ります。

 

T1, T2, TXX毎にチェックポイントがあり

 

スタッフの方がおられます。

 

私のハーフのコースだと赤字のT1からT10を往復して、もう一度同じコースのT5まで行って戻るコースです。

 

1.5往復します。

 

フルの方は私の倍なのでこれを3往復します。はい、変態です。

 

こちらがフルの人の標高マップです。標高差600mをひたすら登り降りを繰り返します。

 

 

そして、レーススタート!

 

 

さあ、どうなることやら・・・

 

続く

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki52

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。