Management 3.0 〜Delegation & Empowerment〜

 

今回のトピックはDelegation & Empowerment

 

まず最初にこれら英単語の意味から説明していきます。

 

「Delegation」というのは権限移譲と呼ばれているやつで

 

意思決定権や責任を委譲することを意味します。

 

一方、「Empowerment」というのは権限を与えつつ、

 

自立性を促してそれを支援するといった意味合いも含まれています。

 

つまり、Empowermentの意味は2つの要素に分かれます。

 

1. 権限委譲(Authority)

 

2.自立行動支援(Ability)

 

責任(Accountability)と自立(Responsibility)という相反するこの2つを

 

バランスよくManagementすることがポイントになります。

 

他の生物はEmpowermentしている?

 

 

今のほとんどの組織はそのトップが主な判断を下すような体制になっていますが

 

それが果たして正しい形なのでしょうか。

 

違う生物の世界を覗いてみると、視点を変えて考えることができます。

 

例えば、ハチが巣を作るときのハチの行動を見てみると

 

女王バチがハチ1匹ずつに対して指示を出すことはありません。

 

ハチ1匹1匹が、以下のようなタスクを持ち自立的に動いて最終的に巣が作られます。

 

・花から蜜を吸って巣に持ち帰る

 

・ハチの巣を作る

 

・女王バチを守る

 

・卵を産む

 

など

 

つまり、権限が集中化されているのではなく、ハチ1匹1匹に権限が与えられて

 

それぞれの役割を果たすことで、あのような綺麗な蜂の巣が出来上がります。

 

女王バチが唯一その集団にできることはフェロモンを出すことで

 

分峰の時に群飛する働き蜂を一ヵ所に引き集めることが出来るぐらいです。

 

他の生物も同じように、集団で行動する際の動き方として

 

基本的にはCentral ControlではなくDistributed Controlなのです。

 

そう考えると、今の我々の組織行動は生物学的には違和感があるのではないでしょうか。

 

人間が「Empowerment」を実践していくために

 

 

Central Controlは高等な知能を持った人間だからこそできる業とも言えます。

 

なので、それ自体が悪いと言っているわけではなく、それに傾倒しすぎな現状が良くないと思います。

 

一方、Distributed Controlといっても権限をメンバーに委譲してしまうだけではただの丸投げになってしまいます。

 

つまり、Central ControlとDistributed Controlを組み合わせてManagementしていくことで

 

Empowermentを実践することができます。

 

このEmpowermentのメタファーとしてワークショップの中で紹介されていたのが、馬の管理。

 

 

マネージャは牧場にある柵のようなBoundaryを設けてあげて、

 

ここからここまでが自分達が動いていい範囲だよという、環境を用意する必要があります。

 

そのためのツールが次に紹介する、Delegation Boardというものです。

 

ワークショップ中にも話題になりましたが、なぜ「Empowerment」ではなく「Delegation」なのかは謎です。。。

 

Delegation Board

 

Delegation Boardというのは、権限委譲のレベルを7段階に分けてカード化したもので

 

毎回マネージャに確認して行動するレベル1から、完全にメンバーに任せるレベル7が存在します。

 

 

これらを各タスクごとに権限委譲レベルをマネージャとメンバーで合意することで

 

その組織の適切なDelegation(Empowerment) Modelというものが完成することができます。

 

確かに、経験のあるメンバーとないメンバーではDelegationのレベルが違いますが

 

それはお互い暗黙の認識で仕事を進めてしまっているような気がします。

 

これらが「見える」化でき、メンバーと共有できることはとても素晴らしいなと感じました。

 

まとめ

 

Empowermentするのはすごくパワーがいるし、なかなか即効性も出ません。

 

どうしても、日々のオペレーションにおいてはCentral Controlに寄りがちです。

 

短期的な小さな成果を取るか、時間を少しかけて大きな成果を取るのか

 

自分の働き方を見直すよい機会となりました。マネージメントは奥が深い!

 

続く

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki52

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。