Management 3.0 〜Culture & Purpose〜

今回のトピックはCulture & Purpose

 

使命や目的を持つことがモチベーションにどのような違いを与えるのかを分かりやすく示したものに、

 

次のイソップ寓話「3人のレンガ職人」があります。

 

3人のレンガ職人の話

 

世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。旅人はその男のそばに立ち止まって、

「ここでいったい何をしているのですか?」

と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、風の強い日も、日がな一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、まったくついてないね。もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。旅人は尋ねた。

「ここでいったい何をしているのですか?」

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。大変だなんていっていたら、バチがあたるよ」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、もう少し歩くと、別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

「ああ、俺達のことかい?俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、また元気いっぱいに歩き続けた。

引用元

 

今、組織・自分は何を目的に働いているのか

 

このイソップ童話の話を自分の事に置き換えると、この3人のうちどの職人に該当しますか?

 

目の前の仕事を終わらす事だけを目的としていませんか?

 

売上や利益を上げる事だけを目的としていませんか?

 

私はこの辺りをウロウロ・・・世の中に貢献して働く事までは意識できていません。。。

 

Mission Statementが長年の事業により陳腐化してたり、

 

会社が大きくなり組織内に浸透できていなかったり、

 

「顧客第一主義」みたいな、あまりにありふれた内容で共感できなかったりと

 

なかなかMission Statementまで意識をして従業員が仕事できない理由は会社により様々あると思います。

 

だからこそ、組織がきちんと目的に向かって日々動いているのか、

 

その組織の目的に自分の目的をきちんと重ね合わせていけているのか

 

常に確認することが重要になってきます。

 

目的の確認方法

 

ワークショップでは2つの確認方法について学びましたが

 

ここではその1つの「IKIGAI」という図を紹介したいと思います。

 

(引用元:http://theviewinside.me/what-is-your-ikigai/)

 

日本語の「生きがい」だと思うので起源を調べてみたのですがよくわかりませんでした。

 

これは4つの視点から組織の目的を確認するもので、

 

すべてが重なり合っている真ん中の部分に収まっているほど

 

組織として正しい目的に沿って動いている事を確認できます。

 

”You love it” 好きな事、したい事

 

”You are great at it” 上手にできる事

 

”You are paid for it” 稼げる事

 

”The world needs it” 世の役に立つ事

 

これらすべてが重なるところに自分がいれば、すでに成功していると思いますが

 

ほとんどのケースで真ん中にいることはなく、どこかに偏っているのが現実だと思います。

 

この図が秀逸なのは、隣り合う2つの円の重なり部分にもきちんと意味を見いだせている事です。

 

「好きな事」と「上手にできる事」の重なり合う領域、

 

つまり自分が好きで、かつ上手な事は、

 

自分にとって”Passion”(情熱)の源泉

 

「上手にできる事」で、かつ「稼げる事」の領域は”Profession”(職業)

 

「稼げる事」と「世の役に立つ事」の重なりは、

 

社会的に価値のある、お仕事になるということで

 

Vocation”(天職)となります。

 

「世の役に立つ事」であって、かつ自分の「したい事」となる領域は、

 

Mission”(使命)になります。

 

稼ぎにはつながらないかもしれない、しかし自分がしたくて、世の役に立つ事です。

 

好きな事だけしかしていないか、テクニカルの事だけに偏っていないか、

 

ビジネスモデルだけの机上の空論になっていないか、あるべき事を追いすぎていないか

 

単純ですがとてもCoolな羅針盤になると思いました。

 

まとめ

 

Mission Statementは決めて終わりではなく、決めて組織内に浸透し

 

それを維持し続けることが本当に大切です。

 

言葉ではなく、「Story」として定着させるととても良いという情報もあります。

 

理屈が簡単なものほど、実践が難しいというのはまさにこのことだと思います。