ドイツのスーパーマーケット事情

 

海外に行けばその国の事情を一番反映しているのが

 

地元のスーパーマーケット

 

先日、ドイツに出張してきましたので

 

いつものごとく、仕事帰りにスーパーマーケットへ。

 

まず、生鮮コーナーから

 

 

ドイツはリンゴの種類が豊富で箱ごとに違うリンゴの種類が。

 

 

店内にこうやってオレンジジュースにしてくれる機械もあったりと

 

日本と違って種類がかなり豊富です。

 

野菜はパプリカをよく見ました。

 

 

パプリカのプリングルスも売ってたし・・・

 

 

そして、ドイツといえばポテト

 

 

やわらかいもの、かたいもの、大きいもの、小さいものと

 

さすがの品揃え。

 

次は肉コーナー。やっぱりソーセージが。。。

 

 

アメリカでもなかったのがこのチーズの豊富さ

 

 

ネギとチーズが合うんっすね。

 

 

ポッキーまがいの「MIKADO」が・・・

 

 

日本製品もきちんとありました。

 

 

ドイツのお菓子といえばハリボ!

 

 

ハリボ!

 

 

ハリボ1キロパック!

 

 

子供達が好きで日本のは高いので

 

妻から爆買い指定があり、かなりの量を買って帰りました。

 

次にワインコーナー

 

 

かなり種類が豊富でスパークリングワインを数本購入・・・

 

レジは店員は座って、右から左に商品を流すだけ。

 

 

基本エコバックなので購入者が次々入れていきます。

 

日本のやりかたはもう一度カゴに戻して、

 

そこから購入者が袋に入れていくので

 

このほうが絶対に効率がいいような・・・

 

もっとゆっくり見たかったんですが、閉店時間のためこれで終了。

 

次回はもっと詳しくみたい。

 

おわり