ABC万博たこやきマラソン2018仮装準備編

 

2018年の初レースは「ABC万博たこやきマラソン2018」。3月で定年退職される方がおられ、会社の神戸マラソンの練習でもご一緒にさせていただいたので最後の記念に有志で大会に参加をしてきた。

 

テレビ局が開催するイベントだけに企画はユニークで、レース自体は通常どおり行われるがレース後になんと、たこ焼きが食べ放題になる。しかも素人が作ったようなものではなく、有名店が参加しているという豪華ぶり。行かないわけにはいかない。そして、個人的に一番の目玉が仮装大賞で最優秀賞(1名)にはなんと10万円、優秀賞(5名)にも2万円の賞金がでる!!

 

鉄人28号はもちろんタダではないので2年分で約7万円ぐらいを費やしている、どうにか原資は回収したい。。。

 

神戸マラソン2016 仮装参加(鉄人28号作成)

 

神戸マラソン2017 仮装参加 (製作費用)

 

たこ焼きマラソンなので、たこ焼きを絡めていかないといけない。ということで今回は拳の部分をたこ焼きにすることに決めた。

 

早速たこ焼きの原型となる、発泡スチロールを購入。半球しかなかったのでくっつけるために発泡スチロール用のボンドを購入。

 

 

たこ焼きの生地とソースの色用に2色のカラースプレーも購入。何十色も見ているとどの色でいいのか分からない。(;^_^A アセアセ・・・

 

 

そういえば、神戸マラソンを走ってから鉄人28号のメンテナンスをしていなかったのでまずこちらのお色直しを。。。

 

 

拳を色んな所にぶつけて剥げてる・・・

 

 

ボディ部はその最たるもの。着脱したり、腕振りする中で擦れてしまい剥げまくり。プラダン(プラスチックダンボール)は軽いがペンキに馴染まないのが唯一の欠点。

 

 

頭部も擦れて色あせてしまっている。

 

 

夜な夜な補修をかけ、まずは鉄人28号の色をもう一度復活させた。

 

そのあと、ようやくたこ焼きの作成。仕事が思いの外終わらず着手が2日前 (;´Д`A “`

 

まず、生地の色を塗って下地を作ってソースの色で上塗りを。どうやってやろうか考えた挙句、こんな方法で。まずはサランラップで球をぐるぐる巻きに。

 

 

ソースと生地の境界線に沿ってサランラップをカッターナイフで切っていく。

 

 

そうして、ソース色のスプレーで上塗り!

 

 

1日乾かして、翌日サランラップを取るといい感じでできた。

 

 

そして、折り紙で青のりを貼ったら出来上がり!

 

 

たこ焼きの底をくり抜いて

 

 

腕を突っ込む

 

 

手首を即興で作成。(前日午後3時。。。天気が良くてよかった)

 

 

これでたこ焼き腕が完成!

 

 

手首の所は本当は金の球とかも植えつけないといけないのだが、割愛。実はDetailに作っても人はそれほど気にしないことがわかってきた。たこ焼きのソースと生地の間の線も思い切り残ってるしwww 仮装は全体感が大切。

 

ということで、お色直しした鉄人28号とこのたこ焼き腕で翌日のレースに臨むのであった。

 

続く

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。