日経テストで700点以上取るための追加対策

 

ここでは日経テストを700点以上取るための勉強方法の紹介します。自身の経験からも、やることは600点取るレベルのやり方とあまり変わりません。

700点ぐらいまでであれば、日経新聞を読まなくても取れると思います。私自身が日経新聞を取っていませんでしたから^^;

600点では少し物足りない方、不安な方、目標としている基準が700点以上の方が対象です。

このページの内容を参考にできる人の前提条件

なぜこのような前提条件を置かせてもらったかというと、ここでは600点→700点に点数を上げる部分にフォーカスしているからです。

初めて受験される方はこちらのページを読んでいただいてから読んでもらればスムーズに読み進めることができるかと思います。ということで、以下の条件を満たす人に向けての内容になっていますのでご了承ください。

600点以上700点以下の点数を持っている

独学で受験されて600点以上の点数をお持ちの方で700点を目指そうとしている方です。(600点満たしていなくても580点ぐらいであればギリギリ大丈夫かと思います。)

また、私のページを見ていただいて600点はまず獲得できた方ももちろん対象となります(*^o^*)

このページの600点以上を獲得する勉強を完了した

こちらのページを参考にしてもらって、基礎の部分を理解していただいた方で、試験に向けてさらに時間の余裕のある方です。

日経テスト対策 500-600点を狙う短期勉強法

2019年10月30日

 

600点→725点に上げるための書籍

私が選んだ書籍は日経HRの「日経キーワード」

日経テスト向けではありませんが、

  1. ニュースの言葉が分からない人
  2. 就職・転職試験の対策する人
  3. ビジネスパーソンとして基礎知識を得たい人

というように大きな方向性は日経テストの意図に合っています。しかも、以下のカテゴリに分かれていて「視野の広さ」を深めるのによい内容になっています。

  1. 日本経済
  2. 世界経済
  3. 国内経済
  4. 国際情勢
  5. 金融
  6. 産業
  7. 雇用・労働
  8. 国土・都市
  9. 資源・環境
  10. 観光・交通
  11. デジタル
  12. 次世代技術
  13. 医療・福祉
  14. 社会・生活
  15. 教育
  16. 文化・スポーツ・皇室

値段も1000円ちょっとで300ページもあり内容がとても豊富です。

日経キーワードを選んだ理由

私が最初テストセンターで日経テストを受けた後に感じた足りない部分と本屋でたまたま立ち読みしたこの日経キーワードの内容が合致したのですぐに購入しました。大きく理由は2つあります。

1.日経系列が出版している本なので親和性がある

2.日経新聞を読んでいない私にとっては時間とお金の節約

特に「2は」日経新聞に掲載されていたであろう内容がまとめて凝縮されているので日経新聞を取っていなかった私は本当に重宝させてもらいました。

インターネットで本を買う時代になりますが、本屋に行くとこうゆう出会いもあったりします、笑。

具体的な勉強方法について

やり方は600点を取る方法と基本的には同じで

マークする→理解する→暗記する、です。

ボリュームにビビらない

ページは300ページを超えておりジャンルも10種類以上と多岐にわたります。記載されている情報はざっと以下のレベルに分別することができます。

1.日経テストの勉強前から知っていた情報 → 放置

2.日経テストの勉強で得た情報 → 理解不足がないか一応確認

3.初めて知った情報 → 後述

4.どうみても関係のない情報 → 放置

1は知っているので切り捨てます。

2は日経テストで勉強した内容が結構あります。要確認しておいてください。

3は私の感覚では2〜3割程度になるのではないかと思います。

4は「ブルゾンちえみ」など、どうみても出題されないような情報です。これも切り捨ててください。

となると、感覚的にはなりますが多くても全体の4割ぐらいが勉強する対象になるのでないでしょうか。

マークする→理解する→暗記する

上記のとおり、最初に対象のふるい落としをしていけばあとは理解をして暗記をしていきます。これをやりきればほぼ700点以上は獲得できると思います。

600点→725点に上げた勉強期間

テストセンターで受験したのが2018年5月25日、全国一斉試験が2018年6月10日でしたから約2週間です。このテキストのおかげで2週間で125点上げることができたと思っています。

ただ、2週間しかなかったので1日、2時間ほど勉強をして一気に仕上げました。

この辺は1ヶ月ぐらい余裕があれば通勤電車の中だけで勉強は済みそうです。

600点〜700点までは約30時間の学習を行ったことになります。

まとめ

ここまでやっても、いざテストを受験してみるとわからない問題に出くわしました、笑。

一方、腑に落ちた状態で答えられる問題も増えた感覚があったのを強く覚えています。600点〜700点に上げていくためのステップはもう一息勉強が必要ですが基本は暗記系の試験となりますので

やればやるほど点数は上がるはずです。

目標達成のためにあと一息頑張りましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA