「都市」の世界史

 

北京に旅行に行く際に、出口さんに

 

薦めていただいた、「都市」の世界史

 

出口 治明 PHP研究所 2017-03-18
売り上げランキング : 6162

by ヨメレバ

 

世界の都市、イスタンブル、デリー、カイロ、サマルカンド、北京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ローマ

 

の都市ができてからこれまでの歴史を振り返る1冊です。

 

440ページもありましたがあっという間に読み終えました。

 

これら、各時代で繁栄を極めた都市を横並びで見ていると

 

・水源が豊富(必ず大きな川の付近に文明は栄える)

 

・交易が盛ん

 

・多民族が交じり合っている

 

・都市の区画整備を実施

 

時代や場所が変われど繁栄するための要素が見えてきます。

 

繁栄のピークを超えつつある東京はこれらの都市の歴史を参考にして

 

今後も繁栄を続けるためにはどうすればよいのか見えてくると思います。

 

ロンドンは自分達が置かれている状況(ピークが超え、衰退している)

 

を正しく認知し、少しでも衰退を遅れさせようという取り組みをしています。

 

我々も、世界の都市を俯瞰的に見てもっと参考にできるとことがあるのではないかと思います。

 

また、海外の人と会話をしていると、政治の話や文化の話になります。

 

以前、インドネシア人と仕事をしていた時に、

 

私たちが子供の時に流行っていたゲームや漫画・アニメの話をしてくれたり

 

日本の天皇制の事を知っていたりと、部分的には我々よりも深く知識を持っていて

 

驚いたとともに、日本人としてとてもうれしく感じました。

 

私もそれに影響を受けてか、インドネシアの事を知ろうと努力した記憶があります。

 

佐藤 百合 中央公論新社 2011-12-17
売り上げランキング : 95169

by ヨメレバ

 

 

海外で深く仕事をすればするほど、雑談する機会も増え、

 

そこでの関係性の深さが仕事の結果にも影響することを実感しました。

 

海外で仕事をする必要のない人であっても

 

海外旅行をする人であれば、訪れる都市の歴史を少し勉強するだけで

 

何も知らず行くのと比べて、何倍も得るものが大きく、

 

もしかすると、有名観光地じゃないようなところに行きたいと思うかもしれません。

 

私も少し前に、貿易の歴史に関連する本を読み

 

あまり日本人の海外旅行の行き先としてはメジャーではない

 

マレーシアのマラッカやインドネシアのジャワに行きたくなりました。

 

作られたプランに沿うよりも、自分の感性・視点でその都市の良さを感じるほうが

 

満足度もより高くなると思います。

 

ここに載っている都市、全部行きたいなあ〜

 

出口 治明 PHP研究所 2017-03-18
売り上げランキング : 6162

by ヨメレバ

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。