日経新聞読まずに日経テストで700点以上取るための対策

 

このページに来ていただいているのは就職活動や昇進試験など必要に迫られて受験される方が多いかと思います。

また、500点〜700点ぐらいを取ることを目標にされているのではないでしょうか。そして、できれば最小の努力でなんとか乗り越えられないかと思っておられると思います。

もちろん私もみなさんと同じ状況でした。昇進の条件に日経テストがあったのでその時点で初めて日経テストの存在を知り、受験をしました。

しかし、恥ずかしながら日経新聞を取っていませんでした。また、皆さんと同じく平日は仕事、休日は家族サービスや趣味で忙しかったのです。。。

なので事前に最小限の労力になるよう、戦略を立てて実践してみました。そうすると、

約2ヶ月のスキマ時間を使って結果725点を取ることができました。

1000点満点なのでそんなにいい点数ではないのですが、私の目的は大いに達成しました。

なぜなら目的は最小限の労力で会社に求められていた昇格条件に必要な点数を取ることだったからです。高い点数を取ることではありませんでした。

TOEICなどは様々な対策がネット上に転がっていますが日経テストはほとんどなく、苦労をしたのでこのページを立ち上げてみました。

これから日経テストを受験される方が以下の情報を参考にして最短ルートで各自の目標を達成してもらえると幸いです。

日経テストで600点〜700点以上取るための全プロセス

大きく、以下のようなプロセスで進めていきます。最初から読んでいただく必要はありません。

みなさんの現在のステージに合わせて途中から読んでいただいて大丈夫です。これまでも言っていますが、900点とか満点を取るための方法論ではありません。

600〜700点ぐらいの目標にした勉強方法ですので、あしからず。

  1. 概要や日程を把握する
  2. 出題傾向を把握する
  3. 勉強方法について(600点向け)
  4. 勉強方法について(700点向け)
  5. 試しに受けてみよう(テストセンター)
  6. 試験当日、時間配分について

概要や日程を把握する

日経テストってそもそもどんなテストなの?という方はこちらから。

日経テストの概要と日程を把握する

2018年8月12日

どのようなテストなのか、いつに実施されるのか、その実施形式などをまとめています。

出題傾向を把握する

日経テストってどうせ時事問題やろ?って思っている方はこのパートをよく読んでみてください。

日経テストの過去の出題傾向を理解する

2018年8月12日

認識されている一部は正解ですが、時事問題だけではありません。

出題傾向を把握して、取らないところをしっかり押さえておけば日経新聞を隅々まで読んで覚える必要はないと思います。

勉強方法について(600点向け)

私は2回、日経テストを受けています。初回は600点、2回目が725点です。

まず、600点取るまでやった事をつつみ隠さずそのまま掲載しています。

日経テスト対策 500-600点を狙う短期勉強法

2019年10月30日

就職試験・昇進・昇格の条件が500点〜700点ぐらいだと思います。ほとんどの方はまずこの勉強方法を実践していただければ大丈夫かと思います。

勉強方法について(700点向け)

600点だと不安でもう少し点数を取っておきたなあと思っている方はこちらを参考にしてください。

600点の勉強法+αのα部分にフォーカスを当てています。上の記事から読んでいただき引き続きこちらの記事を読んでいただければ理解してもらえると思います。

日経テストで700点以上取るための追加対策

2018年8月12日

日程計画

まずはテストセンターで試しに受けてみてそれから全国一斉試験を受ける予定でいたので

勉強開始:4月中旬ぐらい

テストセンターで受験:5月25日

全国一斉試験;6月10日

1日1時間ぐらいのボリュームで準備期間は約2ヶ月ぐらいだったと思います。

試しに受けてみよう(テストセンター)

ここまでの内容で机上では理解できたと思います。昇格試験とのタイミングで次に控える日経テストを落とせないという方は

ぜひ事前のトライアルを実施してもらうことをおすすめします。

実施形式は違いますが、受験後に日経テストの問題の出し方・視点を実感できると思います。

申し込み方法などは日経テストのサイトのほうを参考してください。

試験当日、時間配分について

100問の問題数を80分かけて解いていきます。1問あたり考えれる時間は1分もありません。めちゃくちゃ焦る必要はありません。

しかし、それなりに時間は意識して解いたほうがいいです。アナログの時計は忘れずに持っていくようにしましょう。(デジタルはNGです。)

間違っても無回答な問題がないようにして、何か回答しておくようにしておきましょう。最後の足掻き大切です、笑。

日経テスト対策用のアプリがない。。。

電車通勤の中で勉強するとなると、混雑する車内で本を読むのが首都圏の皆さんは特に厳しいのではないかと思います。

私の場合は地方なのでそれほど電車は混んでいないので座って通勤できます。

それでもアプリなどがあれば勉強しやすいなあと思いながら勉強してました。「時事問題」関連のアプリが一番近いのだと思うのですがインストールしてトライアルしてみたところ、しっくりこず。

日経テスト向けで使えそうなアプリは2019年時点ないんです・・・

私自身がエンジニアなのでニーズがあれば作ってみようかなとか思っていたりも・・・

試験結果について

テストセンターでの実施については実施後、即座に結果を受け取る事ができます。一方、全国一斉試験の場合は郵送でのみしか結果を知る事ができません。

郵送で結果が届くのは約3〜4週間ぐらいだったと思います。TOEICや英検のようにWEB上ではテスト結果を確認できませんので気をつけてください。

さいごに

日経テストで一定以上の点数があるということはビジネスの基礎力があることです。私自身もこの勉強を通して知らなかったこと、忘れていたことを振り返りさせてもらうよい機会になりました。

ですので、このまとめサイトもただの攻略法としてではなく

日経テストの意図することに沿うようにまとめたつもりです。

それが結局は点数を取る一番の近道だと思うからです。

下にコメント欄を設けていますので、感想・要望・応援メッセージをお願いします。今後も継続して情報発信できるモチベーションにさせてもらいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    masaki

    神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。