知らないと絶対にムリ!アメリカでチップをクレジットカードで払う方法

去年からアメリカに出張に行く機会が増え、

 

色々な場所に行くたびに気にしないといけないのが「チップ」

 

日本人間での意見が分かれ、アメリカ人に聞いてみるのが一番ということで

 

まず、「チップ」に対する価値観を聞いてみました。

 

英語の聞き取りが悪く、一部間違って理解しているかもしれませんのであしからず・・・

 

その次は、クレジットカードで実際にチップを払う方法についてまとめてみました。

 

日本人だけやったら絶対に理解できないシステム・・・

 

チップを考慮した雇用形態

 

アメリカでは、ホテルのドアマン、ベルマン、清掃係やレストランのウエイターやタクシー運転手などは

 

チップをお客さんからもらえる前提で基本給が低めになっている職業が法律として設定されているらしいです。

 

我々が思っている以上にチップに依存した雇用形態になっています。

 

逆の立場に立つと、よほど悪い接客を受けない限りは顧客側はチップを払う「義務」が生じることになります。

 

若い時代にそのような職業のアルバイトをして実際にチップをもらっていた経験があったりすると

 

自分の時の経験を重ねて多めにチップを払ったりすることもあり、アメリカ人の博愛精神を少し感じました。

 

なので、よいサービスを受けたからということで支払うチップに上限はありませんが

 

たとえばレストランにおいては少なくとも15%~20%のチップを、ベルマンには荷物1個あたり2ドルなど

 

職業に応じて最低限の相場があるみたいです。

 

この辺はネットで調べてみてもらえばもっと詳しい情報を入手できると思います。

 

実際にチップを支払う

 

アメリカのレストランで食事した際のチップの支払い方法が以下のとおりです。

 

先日、レストランで支払った時の実例をみてみましょう。

 

まず、Checkを持ってきてくれます。

 

左下のほうにGratuity Not Included とはありますが

 

これは「トータル料金にサービス料金は含んでいませんよ」という意味で

 

要はこれにチップを追加してください、というお願いが書かれています。

 

そして、伝票入れにクレジットカードを挟んでおくとウエイトレスが

 

クレジットカードを含めて店内に持っていき

 

チップを支払う前にクレジットカードのシステム上で引き落とし準備をします。

 

そして、ウエイトレスからクレジットカードと最終的な領収書を(2枚)受け取ります。

 

これには以下のようにいくらチップを払うのか空白になっている欄があり、

 

 

この時点でやっとチップをいくら払うのかを確定できます。

 

私の場合は15%~20%ぐらいの間で端数にならないような金額にあわせるようにしています。

 

さきほどの写真の右側に少し見えていますが同じレシートがもう1枚あるので

 

それにも同じ金額を書いて、1枚を店に残して、1枚を自分が保持します。

 

店側は我々が席をはずした後に、チップ込みの最終的な値段でクレジットカードから引き落とす金額を確定します。

 

お客側は後日の引き落としの際に正しい金額が引き落とされているのか確認できるように領収書を保持しておきます。

 

なかなか複雑な仕組み、そしてクレジットカードからちゃんと正しい金額を

 

引き落としてくれるのか、初めは正直とても不安でした・・・

 

まとめ

 

異文化を理解するためには異文化で生活する人たちの生活の文脈を理解しておく必要があります。

 

「なぜそのように考えているのか、行動をするのか、その理由があるのではないか」など

 

その「文脈」に視点を置いてみると、その文化の「当たり前」が理解できるようになります。

 

まあ、理解できないときはとことん理解できませんが・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。