神戸マラソン2016 仮装参加(9月:スピード強化編)

8月は「慣れる」ということであまりスピードを気にせずに

 

距離を重ねることを重視して走りましたが、

 

9月はスピード強化を意識して練習を組み立てました。

 

理由は、スタミナだけではなく、最高速度を上げないと

 

マラソン全体の時間が伸びないと思っていたからです。

 

6分/キロで走るにしても、1キロの自己ベストが4分の人と5分の人では

 

「全力度」が全然違います。

 

僕の場合は4時間ぐらいを狙っていたのでキロ5分半で走る必要があり

 

8月走ったインターバルで1キロ5本を5分弱で走っているようでは

 

感覚としてはほぼ全力で走り続ける感じになってしまいます。

 

なので、1キロの速さを5分→4分ぐらいに早めていかないと

 

5分半で42キロはしんどいかなと想定していました。

 

9月は123キロ

 

水曜日はスピード練習。土日は距離を伸ばして10キロ以上は走るようにしました。

 

20キロもようやく走りきれるようになり、結果として100キロ越えを達成。

 

マラソン練習する前は月100キロなんて絶対に無理と思っていましたが

 

達成してみると意外に壁は低いものでした。

 

14435125_1266470160064647_65875315830286757_o

 

 

 

スピード練習が効いてくる!

 

ということで9月は特にスピードを意識して練習を実施しました。

 

8月は5分/キロのスピードでしたが、練習を積み重ねるうちに

 

スピードもついてきました。

 

9月6日:平均4分38秒/キロ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-21-50-58

 

9月14日:平均4分27秒/キロ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-21-54-00

こうなると長い距離の練習でスピードを上げても最高スピードが上がっているので

 

「しんどい」と感じる速さのレベルが上がります。

 

20キロぐらいであれば、目標としていた5分半/キロぐらいで走れるようになってきていました。

 

9月22日:20キロ走 5分34秒/キロ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-22-11-09

 

 

スピード練習は諸刃の剣

 

今でも覚えていますが、先述の9月14日の練習の4本目(4分11秒/キロ)を走った時に

 

右足のハムストリング(腿裏)に違和感を感じたのですが、

 

筋を少し痛めたぐらいだろうという気持ちで、

 

この日を含めその週末も練習を繰り返してしまった結果

 

大変なことになってしまいました。

 

翌日起きると、前屈ができないぐらい痛くなってしまい普通に歩くのも困難な状況になってしまいました。

 

色々とやりくりをしていたのですが、怪我した足をかばうような形でついに逆足も痛くなりギブアップ。。。

 

鍼灸で治療する羽目になってしまいました。

 

5分半で練習していたのが、アベレージが6分〜7分に。。。露骨に記録が落ちています。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-22-31-04

 

目標ペースで20キロまで走れる走力がついてきていたのに、レース1ヶ月半前でまさかの故障。

 

神戸マラソン挑戦方針変換となる10月へと続きます。

 

 

続く

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。