神戸マラソン2017 仮装参加(2016年振り返り)

 

ついにまた「マラソン」の4文字が頭をよぎってきました。

 

まず、神戸マラソンの去年の振り返りを・・・

 

今、思うとビギナーズラックに恵まれた神戸マラソン2016でした。

 

自分が書いたブログを読み直しながら反省点を徒然なるままに・・・

 

練習における反省点

 

練習については結構スピード重視のメニューが多くやり込んだため、

 

昨年9月末に故障するハメに、泣。

 

神戸マラソン2016挑戦記(9月:スピード強化編)

 

去年の神戸マラソンの表彰状を見てみると、

 

前半は7分/kmで走れていたのが、後半は9分台・・・

 

めちゃくちゃしんどかった、_:(´ཀ`」 ∠):_

 

確かに仮装をして走るので、スピードは正直どうでもよく

 

「持久力」を持たせるための練習が必要でした。

 

なので2017年の練習の大きな方針としては

 

「スピード落として1回あたりの走行距離を増やす!」

 

と定めてみました。

 

仮装に関する反省点

 

今回はここが反省点が一番多いです。

 

まず、ヘルメットが重すぎた(1.7キロぐらい)

 

神戸マラソン2016挑戦記(鉄人28号作成)

 

初回は訳も分からず走りきりましたがとにかく重かった。

 

もう2度とあんな経験したくない、普通の人なら軽いむち打ちになるはず・・・

 

まず、頭部は絶対に軽くする」ことは必須条件です。

 

ついでにお肉もだいぶついてきたので

 

 

「体重を軽くする(83キロ→75キロ前後)」

 

やってしまいたいと思います。

 

次に大きな拳部分はボクシンググローブで代替したのですが

 

以下の弊害が・・・

 

・腕につけていた時計のラップ開始が押せない。

 

・スマホでレース中写真が撮れない。

 

・給水の時の取り外し・取り付けがめんどくさい。

 

・手首が折れたみたいな状態になっていた(怖い)。

 

・ムレる、そして重い(16オンス)

 

なので、「拳は軽く、そして手の自由度を上げる!!」

 

最後に一番の失態はボディ部が非常に脆かったということです。

 

(これで1記事書けるぐらい)

 

神戸マラソン2016挑戦記(レース前トラブル編)

 

各部品の接合部は基本はガムテープで補強していただけなので

 

少し動き回ると、どんどんボロが出てくる始末。

 

レース後はこんな感じ。。。

 

 

まさに悪の組織との激闘後のような感じになってました。

 

試走したのが前日の夜。近くの公園を1周しただけが仇となりました。

 

なので

 

「衣装は頑丈に!」

「事前に試走をしっかりやる!」

 

そして、実はこの衣装、着脱がとても大変でした・・・

 

時間もギリギリだったのでトイレを我慢する始末。

 

トイレに行っていたら絶対にどこかの関門で引っかかってました。

 

去年はなんとか我慢できましたが、今年はきちんとトイレに行きたいので

 

「着脱が容易な衣装構造に!」

 

まとめ

 

今年の方針は

 

・スピード落として1回あたりの走行距離を増やす

 

・頭部は絶対に軽くする

 

・体重を軽くする(83キロ→75キロ)

 

・拳は軽く、そして手の自由度を上げる

 

・衣装は頑丈に

 

・事前に試走をしっかりやる

 

・着脱が容易な衣装構造に

 

やること満載です・・・

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。