神戸マラソン2017 仮装参加(鉄人28号作成その4)

 

2017年の鉄人28号製作で、一番時間がかかったのが拳の箇所でした。

 

去年はボクシンググローブで代用したのですが

 

手の中の湿度が半端なく、そして腕と拳の部分を固定していなかったがために

 

腕が折れたような感じになってしまっていました。

 

 

これはあまりにカッコ悪く、着脱が大変だったので

 

今年はインパクトのある拳にしてやろうと考えました。

 

デカすぎる拳・・・

 

東急ハンズでいい感じの正方形の発泡スチロールがあったので購入。

 

 

自分の手を見ながら拳の形をこの発泡スチロールにスケッチ

 

 

カッターナイフで削ったりすると、切りくずが発生しうまく削れないので

 

わざわざ発泡スチロールを切るためのカッターを購入。

 

 

スケッチに沿って削っていきます。素人にはとにかくきつかった・・・

 

試行錯誤。細部を見るとミスだらけ・・・

 

まず、荒削り版完了。4〜5時間かかりました。

 

 

これをまた、発泡スチロール用の紙やすりで削ります。

 

いい感じで拳らしくなってきた。

 

 

そして、塗装するとこんな感じになります。

 

 

もう片方も同じ工程で削って完成。

 

 

自己満足に浸って、嫁さんに装着写真を撮ってもらうと

 

でかい・・・

 

確かに、削るのに時間がかかるので最小限の作業で収めてしまってました。

 

ということで、せっかく削って塗装したにもかかわらず

 

ワンサイズ小さくすることに・・・

 

拳製作やり直し・・・

 

このリファクタリングがさらに大変でした。

 

右が変更前の右拳、左が変更後の左拳

 

 

手の甲に板をつけた感じにRe-Design

 

青色部分が残っている中指と薬指だけで何もせず、あとは全て削ぎ落としました。

 

前から見るとこんな感じ

 

 

正面から見てみると分かりにくいので

 

斜めからも。一回り小さくなっています。

 

 

拳をどう持つか

 

この拳をどう持って走るかですが、結論としては底に穴を開けて

 

その中に引き出しの取っ手を差し込み、それを持つという手法で対応しました。

 

 

コーナンで購入した取っ手です。

 

 

この取っ手を埋め込みます。

 

 

次に手首の部分は穴の空いたリング形状の発泡スチロールを使います。

 

 

クリスマスシーズンに近づいていたので、こんな装飾品が売ってました!

 

ちなみに去年は卓球のピンポン球を黄色にして使ってました。

 

 

半分に切って、リングに埋め込みます。

 

 

腕の部分も作成して、

 

 

腕+リング+拳で完成です。

 

足、その他もろもろ

 

足も他の部分と同様にまず、画用紙で型をとります。

 

 

そして、展開

 

 

これを型紙にしてライオンボードで清書、組み立てします。

 

 

そして、塗装完了

 

 

鉄人28号が背負っているタンク?も作成

 

この頃になると、このぐらいの作業は速攻でできるようなってきます。

 

 

そして着色

 

 

という感じでようやくすべてのパーツが作成しました。

 

レース前日の写真にはなりますが、全て並べるとこんな感じです。

 

 

これでようやく、ハード面は作成完了!

 

つづく

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。