レゴ仮装ラン(コスチューム製作編:胴体・顔)

レゴの頭・手の次は胴体。

 

ネットで見てみると、以下のように胴体は真四角ではなく微妙に台形。

 

 

台形となるときちんとしたきちんと設計図を作らないといけないので、真四角で妥協・・・

 

ダンボールを組み立てて、頭の両腕用の穴を開けて色を塗るだけ。

 

 

スプレーで着色

 

 

息子の分もさっと、作成時間10分ぐらい。。。

 

 

これで下地は完了。

 

 

白色のビニールテープで襟元やラインを入れて、ポロシャツ風に。

 

 

私の分は、マジックでほぼ一筆書き。手作り感満載。

 

 

コスプレの品質を左右するのは「目」と言っても過言ではありません。

 

話はそれますが、鉄人28号の目をデザインする時は試行錯誤しました。

 

レース本番はこんな感じで臨むことができましたが、試作時はなかなか決まらず大変でした。

 

 

こんなんだったり、

 

 

 

 

こんなんだったり

 

 

 

 

ようやく少しマシになり

 

 

最後は力強い感じの目に仕上がりました。

 

 

「目」が本当にキャラクターの雰囲気を決めるといっても過言ではありません。

 

前回もそうでしたが、実は「目」は妻レイコが仕上げてます。

 

完全に美味しいとこ取りです。

 

スクラップブッキングの資格保持者なので、使う道具もマニアック。

 

画用紙を円形に切り取るのに、謎の道具。なんやこれ。

 

コンパスで円書いてハサミでチョキチョキだと、どうやらダメなようです。

 

 

切り取った黒色の画用紙の内側をさらに切り取り目の原型を作成。

 

無駄に精密な目が完成しました。

 

 

そして両面テープで下地を作成します。

 

 

 

目に合わせて、レゴ側も穴をくりぬいて貼り付けます。

 

近くで見ると怖い・・・

 

 

くり抜いた発泡スチロールは黒マジックで塗りつぶします。

 

口も同じ要領で作成。

 

 

レゴも色々な顔がありますが一番スタンダートなやつが一番シンプルでわかりすいですね。

 

よーく見ると、目の中に穴があるのがわかると思います。

 

 

最後に試着。思っていたより、作成した頭のサイズが小さく

 

これもエイやで内側をくりぬいてスペースを確保。(適当すぎる・・・)

 

走っているとブレるのでゴムで体操帽のようにゴム止めを追加。

 

お恥ずかしい内側。。。

 

 

これで完成!

 

 

今回は余裕の1週間前完成。

 

色々と妥協しまくりでしたが写真映えするなかなかの出来になりました。

 

ついに親子でコスプレデビューです。

 

つづく

 

ABOUTこの記事をかいた人

masaki

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。