決済ビジネスを変えるWeChat Payment

 

北京に行って驚いたのが、支払いのシステムでした。

 

私の友達に会った際に、彼はWeChat Paymentを使っていて、

 

すごく気になったので仕組みを聞いてみました。

 

大きく分けると以下のように2つの支払い方法があるようです。

 

1つ目のほうは、客が自分のQRコードを見せて店側がそれをリーダーで読み取って

 

お金を受け取るという方式です。

 

 

日本ではQRコードの代わりに、スマホや様々なカード(クレジット、ICカード)で

 

支払う形になっているだけで大きな変わりはありません。

 

次がもう一つの支払い方式です。

 

お店が提供しているQRコードを読みとり、そこに対して支払う金額を入力します。

 

それを店側の端末(スマホなど)で確認し、支払いを行う方式です。

 

この支払い方式のメリットは、誰でも支払いを受けることができることです。

 

あまり、QRコードを意識して写真を残せておらずわかりにくいのですが

 

 

こんなローカルな八百屋さんにでも自分のお店用にQRコードを印刷して

 

軒前に置いておけば、お客はそれを読み取って支払いができます。

 

日本の支払い方式はカードリーダーが必要で、導入できる企業が限られますし

 

クレジットカードの場合は手数料をさらに払う必要があります。

 

ちなみにWeChat Paymentは手数料が無料になっているようです。

 

(どこで利益を得るビジネスモデルになっているのだろうか・・・)

 

もちろん、個人間の支払いのやりとりなどにも利用され、

 

さらに以下のように自動販売機もQRコードさえ公開していれば成り立ちます。

 

 

この2つ目の方式が決済ビジネスの敷居を下げている要因になっているのではないかと

 

実際に使っている北京の人たち見ていて感じました。

 

ちなみにQRコードから読み取った金額は銀行口座から直接引き落とされる形になります。

 

デビットカードみたいなイメージを持ってもらったらいいと思います。

 

このWeChat Paymentが主流になってきているために、

 

クレジットを扱っている店舗は一部の高級なお店以外はありませんでした。

 

日本はカード(クレジット、ICカード)ありきの決済構造となっているので

 

これを読み取るリーダーを各店舗で持つ必要があったり、

 

手数料を払ったりなど、これまでの決済ビジネスの構造を大きく変えない限りは

 

まだまだ現金でやりとりする社会が続くのでないでしょうか。

 

中国は、先進国に追いつくようにカード社会にしたのではなく、

 

先進国の今後のあるべき姿を一足飛びにやる、

 

リープフロッグを実現しようとしているのではないでしょうか。

 

今後も先進国ではなく、何のしがらみのない、発展途上国のようなところから

 

イノベーションが生まれ、それが当たり前のように社会に浸透していくと思います。

 

クレジットカード会社は今後、なくなるかもしれませんね。

 

おわり。

 

ABOUTこの記事をかいた人

神戸で働く、ITエンジニア   IT×グローバル×医療で世の中に貢献できるよう、日々奮闘中。 スポーツと海外旅行が趣味です。